腸は強い身体と幸せホルモンを作る

腸の基本

消化管の中で、一番長い器官である腸。私たちが生きていくために、大切な栄養を吸収してくれるのは、小腸です。

前回の記事でも書いた通り、小腸が綺麗だと、良いものを食べればしっかり吸収されて体の栄養になります。小腸の状態が悪いと、病気や風邪を引き起こす要因のひとつになったり、イライラしやすくなったりします。その理由を今回はお伝えします。

腸を味方にして免疫の鎧をつけよう

小腸は、お腹の真ん中にあり、大腸は小腸を囲むように走行し、身体を支えてくれている臓器です。

そして、外から侵入してきた異物から身体を守ってくれる「免疫細胞」の半分以上は、小腸で作られています。また、大腸には善玉菌という腸内細菌がいて、私たちの身体を守ってくれています。

そのため、腸の調子が悪いと、免疫細胞が作られず、病気になりやすくなったり、なかなか風邪が治らなかったりといったことが起きる可能性があります。逆に、腸が健康だとアレルギー体質が改善され、風邪をひきにくく、疲れにくいと言われます。実際に、私も20代の看護師時代、便秘がひどかった時は、よく風邪をひいていました。今は、風邪をひかなくなり、体調が悪いと思った時もすぐに良くなります。

腸を味方につけると、免疫の鎧をつけたように悪いものを寄せ付けない感覚です。

幸せホルモンは脳よりも腸で多く作られる

”幸せホルモン”と呼ばれるホルモンをご存知ですか?

幸せホルモンとは、いわゆるセロトニンのこと。このセロトニンの9割が小腸で作られています。

セロトニンは、私たちの気持ちと深く関わっていて、イライラしやすかったり、落ち込みやすかったりするのは、セロトニンの生成や分泌が少ない影響だと言われています。つまり、小腸が綺麗でないとセロトニンも生成されにくくなります。毎日、しっかりとお通じを出して、小腸でセロトニンがしっかりと作られるように腸を大事にしましょう。

免疫細胞や幸せホルモンをアップさせるために、特にやって欲しいこと

小腸や大腸が健康で綺麗であることが、免疫アップや幸せを感じやすくするために大事なことです。最後に、その免疫細胞とセロトニンを効果的に生成するためのポイントをお伝えします。

それは、「お腹を温めること」です。

お腹が冷えていると免疫細胞が作られにくいのです。だからこそ、お腹に腹巻をしたり、温かいものを飲む習慣をつけたり日ごろから意識してみてください。

朝冷たいものを一気飲みしたり、お腹を出して寝たりするのは言語道断です。

自分の免疫力アップのためにも、セロトニンをたくさん生成するためにも、今日から、ぜひ腸を労わって、温かいものを飲んでみましょう。

小野 咲

2,274 views

2007年から小児緊急病棟で看護師として勤務後、便秘外来のある小林メディカルクリニックで勤務。ここで恩師の小林暁子医学博士と出会う。2012年に「美腸エステ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧