子供と食べたい美腸レシピ~さつま芋とクリームチーズのはるまき~

子供

美腸ライターの広口みどりです。
私が目指しているのは、『腸から始める家族まるごと健康生活』です。各家庭のお母さんが腸を意識することで、家族みんなをイキイキさせたい!と思っています。私のレシピがそのきっかけになると嬉しいです。

簡単だけど手が込んで見える♪~さつま芋とクリームチーズのはるまき~

≪材料≫20個分
☆春巻きの皮…5枚
☆さつまいも…正味約250g
☆クリームチーズ…100g
☆オリーブオイル…大さじ2杯
☆小麦粉…適量
☆水…適量

≪作り方≫
1. さつま芋は焼き芋にして、熱いうちにつぶす。

2. 春巻きの皮は4等分に切っておく。
3. 小麦粉と水を合わせて、のりを作っておく。

4. 春巻きの皮に、だいたい20等分にしたさつまいもとクリームチーズをのせる。

5. 皮を半分に折って、中身を包む。周りにすき間があかないように、のりで止める。
6. フライパンにオリーブオイルを入れて点火し、春巻きを並べ、両面揚げ焼する。

7. パリッとしたら、出来上がり。

※さつま芋はレンジで加熱しても出来ますが、じっくり焼くことで甘みが増します。まとめて作って、つぶした状態で冷凍も可。
※オーブントースターでも作れます。

美腸ポイント

ポイント1:お通じを整える
さつま芋に豊富に含まれる不溶性食物繊維は、体内で消化されずに水を吸って膨らみます。
さつま芋を切ったときに出る白い液体ヤラピンとの相乗効果で、腸を適度に刺激し便秘予防につながります。

ポイント2:生活習慣病の予防
排便を促すことで、有害物質をいっしょに体外に排出してくれ大腸がんの予防にも有効です。
不溶性食物繊維を摂るときには、水も一緒に飲みましょう。

ポイント3:甘いけどヘルシー
さつま芋は甘くておやつにもぴったりですが、白米やパンよりも血糖値が上がりにくく、ヘルシーです。さつま芋のビタミンCは加熱に強く効率よく摂れるので、女性にうれしい食材ですね。

広口みどり

594 views

美腸ライター・管理栄養士・美腸アドバイザー。 『腸から始める家族まるごと健康生活』を 目指して活動中。 「美腸lab」では、管理栄養士と自身の子育て経験を活...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧