味噌汁歳時記~腸内細菌を強くする水弱くする水~

連載

うちには素粒水という水を作る整水器があります。
味噌汁の水はいつもこれを使っています。
もう、すっごくまろやかなのです!

今回の味噌汁はキャベツ、玉ねぎ、人参、お揚げさん。
キャベツってスープや味噌汁に入れると、
とても優しい味になると感じます。

特に春キャベツは
葉が柔らかくて甘いですね。

だから今回は「優しい味噌汁」です 笑

春の優しい味噌汁

1.煮干し粉末、昆布、カツオと鯖の混合節を
30分以上に水に浸してから
沸騰させて5分煮出し
火を止めて沈殿させてから取り出す。

2.小さじ1のお酢を入れて
ミネラルをさらに引き出す。
(お酢を入れることによって具材から
カルシウムなどを溶け出させる効果が
あります。)*1

3.乱切りのキャベツ、くし切りのタマネギ
短冊切りの人参を入れて煮込む。

4.具材が柔らかくなってきたら
味噌を入れて溶かす。
沸騰させないように注意して。

これで、うちの美味しい美味しい味噌汁が
出来上がります。

ところでみなさん
水道水をそのまま飲んだりしていませんか?
ちょっと沸騰させれば
飲めると思っていませんか?

水道水には、大腸菌など雑菌を殺菌するために
塩素で消毒されています。

特に、日本の水道水の塩素濃度は
世界一。

その消毒薬が、
腸内細菌を弱らせてしまうのです。

水道水は、ちょっと沸騰させただけでは
塩素は抜けません。

さらに塩素は
他の有機物と化学合成して
トリハロメタンという
発がん性物質になります。

美作大学の研究によると、
沸騰後4分後には
ほぼ消失しています。*1

ですので、
4分以上沸騰させることをお勧めします。

良い便を作るためにも
良い水を取り入れることは必要です。

ミネラルが多い水だと
なお良し。

ミネラルと腸内細菌が一緒になって
セロトニンやその他の心のホルモンが
合成されます。

いろんな地方で採取される天然水や
アルカリイオン水など
腸の状態を改善してくれる効果があります。*2

腸内細菌の研究で有名な藤田紘一郎先生も
水の本を出しているくらい
腸にとっても水は大事です。*3

現代市場では、
本当に様々な機能の水が出ていますから
調べてみても面白いですよ!

食物繊維や発酵食品も
もちろん摂っていただきたいですが
水にもぜひこだわってみてくださいね!

*1ミツカンホームページより
https://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2006news/061220-00.html

*2 美作大学「水道水中のトリハロメタンの煮沸除去に関する研究」
https://mimasaka.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=21&item_id=318&item_no=1

*3アルカリイオン整水器協議会ホームページより。

http://www.3aaa.gr.jp/accomplishment.html#y1

*4 藤田 紘一郎 「体をつくる水、壊す水」

岡田貴美

1,169 views

エステティシャンとして経験、知識を活かしながら日本美腸協会の美腸アドバイザー、美腸ライターとして活動中。 得意な料理を活かして「美腸lab」ではお味噌汁の連...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧