アトピーを克服したセラピストママが実践した6つの美腸メソッド

美容

皆さん美腸と耳にして、どんなイメージが浮かびますか?
便秘知らずの快便な状態?
ぺったんこで、きれいにくびれたおなか?

私が考える美腸なひとは、残便感なくすっきり排泄し、身体の循環も気も滞りなく巡って、自分 で自分をコントロールできる人。

美腸と反対だった昔の私からの脱却

7、8年前の私は、美腸とは真逆の状態でした。
常に慢性便秘で、おなかがはっていても違和感すら感じられず、 重度のアトピーで、肌は常に乾燥して赤く炎症し、一番強いステロイドのお薬も効かない。 何度測っても34.7度の低体温。 自律神経失調症によって、夜がくるのがこわくなるほどの不眠症。 生理痛も重く、あまりの腹痛、頭痛に、冷や汗がでてくるときもありました。

それが、今では、毎日、朝からすっきり快便! 全身にアトピーが出ていたとは気づかれないほど肌の状態も正常になり、
体温は、36度後半で、自律神経も整い、夜はベッドに入れば3秒睡眠。
生理中も不快なく過ごせるようになりました。

人生で一番身体が整っている。軽くて動きやすくて、自分のものにできていると感じれるときに、 妊娠。

つわりもなく、臨月まで施術をするほど快適な妊婦生活。
今は、1歳になって好奇心旺盛な息子に、てんやわんやになりながらも、毎日一緒にたくさん笑っ てしあわせを感じながらママをしています。今となってはためらいもなく話せるけれど、鏡をみるのも嫌なほどボロボロの肌でつらい時期を過ごして気づけた大切なこと。

美腸は、いつかなりたい遠くの目標ではなく、今の自分にとても近い日常の中からつくっていくもの。
あっという間に治っちゃう特効薬があるわけではなくて、自分の身体と対話する日々の積み重ねで美腸はつくられていくのです。

美腸こそがアトピー克服のカギ

アトピーや花粉症のようなアレルギー症状も、何十年来のひどい便秘も、 お顔も含めた全身のむくみも、 生理痛や更年期の症状など婦人科系のトラブルも、ネチネチ、クヨクヨ、ネガティブ思考までも。腸が変われば、好転します。

症状が出始めた頃に戻れるならば、あの頃の私に教えてあげたい。
私が知っておきたかった『アトピーを克服する6つの美腸メソッド!』をお伝えします。

私が実践できたことだから、日常でできることばかり。 そして、日常でできることこそ、表面的ではなく、根本から見直すには必要な方法!

なにをしたら良いか分からず、あきらめかけているアトピーに悩む方へ、 私の経験が少しでもお役立ていただけたら嬉しいです。
美腸を育てる生活を共にし、トラブル知らずの肌で、毎日とびっきりの笑顔で愉しみましょう!!

市原香織

314 views

日本美腸協会認定講師、Anela (アネラ)主宰。 セラピストママとして、美腸ライター記事を執筆。 一人でも多くのひとが、腸から健康で人生をめいっぱい愉しめ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧